ネパール地震被害に対する支援とお祈りのお願い

4月25日にネパールで発生した地震により、今日現在で死者が4000人を超えたと報道があり、深刻な状況の中にあることを思います。亡くなられた方々を追悼しつつ、被災中の方々の命が支えられていくよう祈ります。
沖縄バプテスト連盟の元宣教師東風平先生からお知らせを頂きました。先生が仕えていた「エデンプロジェクト」のコーディネーターの家や村のご実家も倒壊してしまい、余震が続く中、テントでの生活が続いているそうです。(「エデンプロジェクト」には連盟から松永九実子IMVが派遣されました。)
また、地震翌日にはいち早くアジア太平洋バプテスト連合救援機関(APBAid)のカビ主事より祈りの要請が届きました。そして今日28日続報が入り、カビ主事は5月2日か3日にはカトマンズへ赴き状況を視察し、連携しているネパールバプテスト教会協議会の方々と今後の具体策を練っていかれるとのことです。
本日、常務理事室より諸教会・伝道所のみなさまへ、第一次緊急募金のお知らせをはがきで郵送しました。祈りつつお献げください。